2012年3月

楽しい着物教室 at efish

 
 今年もefishで 「もりたもとこの楽しい着物教室」をさせていただくことになりました!

 今回は今までよりもお役立ちのお勉強!をしていただこうと もりた張り切っております。

 テーマは「帯」 ~帯は大事。帯を通してわかること~

 色々な帯の実物を見ていただいて、材質、合わせる着物、柄のあれこれ、TPOなどを

 レクチャーいたします。

 
 難しいとあきらめる前に、知って楽チンになって、着物を楽しみましょう!!


 日時: 3月27日(火) 20:00~ (90分の予定)

 場所: efish 2階

 料金: 受講料500円+ドリンク代別

 予約・お問い合わせ: 075(361)3069 (担当 杉本さん)
    
               book@shinpruduct,com



 ぜひ! お出かけくださいませ!!

悩みの半衿

 
 これから 「きもの試行錯誤」と題して、もりたが今まで あーだこーだ 試してみて

 これはオススメ!と思える物や、方法を 失敗談とともに、お知らせしようと思います。

 
 まず第1回目は 「落ち着く半衿の付け方」・・・


2012_03170001.JPG

半衿をシャキッと付けて、スッキリ襟元で一日中過ごしたい!

長年の私の悲願でありました。

悲願って大袈裟な・・・と言われそうですが、衿元が決まらないのは着姿が決まらないということです。

着姿が決まらないのは、着崩れもし易いし、なんせ落ち着かへんのです!

今までは なるべく簡単に・・・が一番だったので、安全ピンでぐさぐさと一気に付けて

衿芯を差し込んでいたのですが・・・何だか衿がぶ厚くなって落ち着かなかったのです。

丁寧に半衿を縫い付けて、衿芯を差し込んでも、肝心の首周りがビシッと決まらない・・・


今回 意を決して、まず 市販の衿芯をお襦袢に縫い付けて、その上から半衿を縫い付けてみました。

あ~~ら なんということでしょう! 衿が未だかつて無いほど、首にピッタリフィット!

いい状態が1日中続くようになりました。

私は「えり芯」という名前で売っているバイアスに切ってあるものを使っていますが、

ちょっと固めの帯芯を半分に切って使ってもいいと思います。

帯芯は4メートルほどあるので、いっぱい出来ますねぇ~。


今まで散々「衿なんて安全ピンで ちょちょいと付ければいいのだ!」と叫んできた私ですが、

・・・まあ 夏に日本手ぬぐいとかを半衿代わりにするときは安全ピンでもいいけれど、・・・

ちゃんとした着物の時は、ちょっと最初の一手間で、1日中気持ちよく過ごせる「衿芯縫い付け」方式を

お勧めいたします!




芝崎さんのコート すてきです!

 2012_03080001.JPG

2012_03080002.JPG

芝崎重一さんの藍色の紬がすてきなコートになりました!

着物にしても、もちろんすてきなんでしょうが、

コートにすると、素材のパワーがドン!と前面に出てきて、

それはそれはいい感じで、先ほどからポ~~と見惚れています。

いくら着物や帯をがんばっても、「いつの時代のコートですか?」を着ては台無しです。

だって一番外で目立つんだし・・・

裏もすてきな更紗柄にしました。 脱ぐときに是非さりげなく見せてくださいませ。

織物の専門家である方のもとにお届けまで、もう少し愛でさせていただきます。

ページ上へ