• HOME
  • もりたメモ



11月の「2mで二部式帯を作りましょう!」教室

 袷の着物の季節になってきました!

お気に入りの布で、二部式帯を作って、着物を楽しみませんか?


時: 11月29日(木) 13:00~18:00 (完成までもう少し長くなるかも・・・)

場所: アトリエ fufufu

                京都市 中京区 丸太町通 柳馬場 西入 鍵屋町75
      東洋ビル2F    (御所の堺町御門の前です)

      tel 075-256-2005

持ち物: 二部式帯にしたい布 2M 

       (足りなくても対応できることもありますので、ご相談ください)

     裁縫道具

参加費: 4000円 + 材料費(帯芯)1500円  合わせて 5500円

お申込み・お問い合わせ  omo(おも)

             tel: 075-212-8676

                                              mail:  info@omo-kimono.com

  もしこの日時がご都合悪ければ、他の日にも対応させていただきますので、
  ご相談くださいませ。

こちらで最新記事更新致しました。

 https://www.facebook.com/omokimono/posts/2171574552905315


サーバーのエラーでなんだか画像も貼れませんのでFacebookで更新致しました。
宜しければご覧になってください。

火渡り修行をしてきました~

 火渡り.JPG

こんにちは!

お元気ですか?
早いものでもう11月でっせ!

昨日はリニューアルオープンされた南座の顔見世に
行ってまいりました!

年々お着物の方が少なくなっていると思うのですが、
今年も普段着?山登り?みたいなお洋服の方が多くて、
ちょっと寂しい感じがしました。

もちろん私は絣の士乎路紬と秋山眞和さんの藍の八寸帯で行きました。


それはさておき 10月の29日に私の自宅のそばにある浪切不動尊で火渡りの儀式がありましたので、
行ってまいりました~

画像の火が燃え盛っているときは、山伏さんたちが渡られて、
私たちは両サイドは燃えているんですが、足は熱くない所を渡らせてもらいました。

宗教色の強い行事だと思われるかもしれませんが、全然そうではなく、
和気あいあいと渡らせてもらえるので、
私はなぜか、妙なテンションになってしまい、ずっとケラケラ笑ってました。

うっそうとした木立の中で、気持ちがスッキリするこの催しですが、
参加人数が本当に少なくて、あまりにも残念なので、来年はブログで早めにお知らせいたしますね!

ぜひ、ご一緒に 火渡りしませんか?


おかげさまで14周年!

 
「おかげさまで14周年!」
 
  早いものでomoは 10月15日で14周年を迎えました!
 
 着物好きが高じて、遅まきながら52歳で、無謀にも店を始めました。
 
 なんだかんだと、・・・すったもんだと・・・いろいろございましたが、
 
 楽しんで続けていましたら、14年経っておりました~!
 
 
 着物の形は守りつつ、
 
 いろんな場所で、いろんな素材で、
 
 着物を楽しみましょ!という気持ちは
 
 ずっとずっと 変わりません。
 
 
 これからも、omoは、続きます!
 
 末永く よろしくお願いいたします!
 
 
    10月吉日 omo/もりたもとこ

R0012305.JPG

img_topmain.jpg

10月の「2Mで二部式帯を作りましょう教室」

 
「10月の2Mで二部式帯教室」
 
 お気に入りの布で オリジナルの二部式帯を作りませんか?
 
 普通の布が2メートルあれば、ステキな帯が出来上がります。
 
 ちょっと時間は長めですが、すぐに締めていただきたいので、
 
 一日で仕上げていただきます。
 
 がんばりましょう!
 
今月は10月25日です!

IMG_8170.jpg

慣れたらアレンジしてこんな帯を作るのも可能です!

時: 10月25日(木) 13:00~18:00 (完成までもう少し長くなるかも・・・)

場所: アトリエ fufufu

                京都市 中京区 丸太町通 柳馬場 西入 鍵屋町75
      東洋ビル2F    (御所の堺町御門の前です)

      tel 075-256-2005

持ち物: 二部式帯にしたい布 2M 

       (足りなくても対応できることもありますので、ご相談ください)

     裁縫道具

参加費: 4000円 + 材料費(帯芯)1500円  合わせて 5500円

お申込み・お問い合わせ  omo(おも)

             tel: 075-212-8676

                                              mail:  info@omo-kimono.com

  もしこの日時がご都合悪ければ、他の日にも対応させていただきますので、
  ご相談くださいませ。

 

9月の「2Mで二部式帯を作りましょう教室」

 
 先日の台風 京都は大変な風と雨で、哲学の道の桜や、南禅寺の木も
  
 ボキボキ 折れていました。

 天災には抗えないですが、塵芥を洗い流す位に収めてほしいですね。


 ところで、暑さでお休みしておりました二部式帯教室!

 9月から 根性入れて開かせていただきますよ~

 お休みしていた8月も NHKカルチャーで教室はしたんですよ。

 お暑い中 皆さん熱心に作っていただきました。

 
 9月に入って、着物が楽しい季節の足音が聞こえてきましたね!

 お気に入りの布で、二部式帯を作って、着物を楽しみませんか?


時: 9月20日(木) 13:00~18:00 (完成までもう少し長くなるかも・・・)

場所: アトリエ fufufu

                京都市 中京区 丸太町通 柳馬場 西入 鍵屋町75
      東洋ビル2F    (御所の堺町御門の前です)

      tel 075-256-2005

持ち物: 二部式帯にしたい布 2M 

       (足りなくても対応できることもありますので、ご相談ください)

     裁縫道具

参加費: 4000円 + 材料費(帯芯)1500円  合わせて 5500円

お申込み・お問い合わせ  omo(おも)

             tel: 075-212-8676

                                              mail:  info@omo-kimono.com

  もしこの日時がご都合悪ければ、他の日にも対応させていただきますので、
  ご相談くださいませ。

JR東海さん うましうるわし奈良

 JR東海さんのうましうるわし奈良の着物コーディネートをもりたがさせていただきました。

本日よりうましうるわし奈良のHPにて公開されております。

~~~~~~~~~~


 明日から9月だというのに お暑うございます!
 
  関東方面にお住い、または9月にご旅行予定の皆様!!
 
 東海道新幹線、山手線、銀座線に乗られましたら、
 
 ぜひ ポスター、デジタルサイネージ ご覧になってくださいね~~
 
 JR東海 「うましうるわし奈良」 が ど~~~んと登場いたします!
 
 今回 初めての人物登場! 
 
 やっぱり人の姿があると、あたたかい息づかいが伝わりますね。
 
 スタイリングを もりたがさせていただきました!
 
 モデルは&プレミアムの表紙でおなじみの花梨ちゃん
 
 着物は 洛風林の塩繭の色無地
 
 帯は 洛風林のボハラ柄の名古屋帯
 
 帯締めは なかいさんのおじいちゃん
 
 
 まだ弱冠二十歳の花梨ちゃんが、 しっとりと着こなして
 
 奈良の街に 溶け込んでいます。

うましうるわし奈良HP↓

http://nara.jr-central.co.jp/index.html

IMG_7543.jpg

IMG_7542.jpg


伊勢木綿で暖簾づくり

 
8月18日㈯ 14時から
伊勢木綿で暖簾づくりのワークショップを致します。

参加費¥2000

持ち物 裁縫道具

ご希望の長さを測ってきてください

生地は選んでいただけます。

お申込み 電話 075-212-8676 mail info@omo-kimono.com まで

R0012227.JPG

8月5日 NHKカルチャー

 お暑うございます!!

みなさん 生きてますかぁ~~~?

7月は色々と忙しくて、二部式教室もお休みしておりまして、
申し訳ありません!

代わりと言っては何ですが、8月5日㈰に

NHK京都文化センターで、伊勢木綿で作る二部式帯の教室を
いたします。

暑い中 大変ですが、涼しいお教室で二部式帯を作りませんか?

詳しくは、下記のURLで・・・

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_973685.html



もりたもとこ


ラオスの布を二部式帯にするということ・・・

 R0012139.JPG


 あ~~~眠い! サッカー見てしもたぁ~!!
 頑張って目を開けて書きます!

 
 外国の民族衣装の布を帯にする場合、

   現地で指導して 帯のサイズに織ったり染めたりするという方法もありますが、、、

 例えばラオスの布の場合 
 
   シンと呼ばれる、ラオスの女性のほとんどが穿いておられる民族衣装を二部式帯に作りました。

 筒状の布を畳んでフックで止めて穿くので、2Mあったら御の字なのです。

 帯にするには短すぎるし、柄合わせも 四苦八苦するのですが、

 足りないところ=お太鼓の裏とか、胴の裏とか・・は
    地色が同じで布の質感が似ているものを探して
 表に見えるところにひびかないところは、無地の布を足して作ります。

 お願いすれば、日本の帯の長さに織っていただけるでしょうが、

 私は、ずっと大切にされて続いてきた、ラオスの民族衣装に敬意を払いたかったのです。

 せっかくの布を切り刻んで 帯にして 何が敬意?と思われるかもしれませんが、
 
 ラオスの人々がずっと大切に守ってこられた布を、
    日本がずっと大切に守ってきた帯として
 身に着けたい!と思って作りました。

 
 もりたもとこ
 

メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ