きもの試行錯誤


自分の帯を二部式帯にする教室

 
 
  お手持ちの帯で、何だか締めにくい・・・
 
  お年を召して、手が後ろに回しにくくて、着物を着るのをあきらめている・・・
 
  ワンポイントの帯の柄の位置が、毎回ちゃんと決まらない・・・
 
  いただいたり、リサイクルショップで買って、お気に入りなのに短い・・・
 
 
  いろいろな理由で 仕舞われたままの帯を、二部式にして 締めてみませんか?
 
 
  昨日は なんと 袋帯を二部式にされたんですよ~~~
 
  しかも裏表を反対にされました。
 
  慣れているはずのもりたですが、実は帯にハサミを入れることに、
 
  異常にドキドキして、変な汗が出てしまうのですが、
 
  今回の生徒さんは、なんと言う思い切りの良さ!
 
  お話が楽しくて、えらい長い時間かかってしまいましたが、きれいに作られましたよ。
 
  これで 締めていただく回数が増えるとうれしいです!
 
 
  毎月開催しておりますので、ぜひ一度トライしてみませんか?


IMG_4748.jpg

十人十色! だから楽しい帯選び

 DSCF9378.JPG


DSCF9379.JPG


自分に合った帯選び・・・こんなに楽しくて、狂おしくて、面白いことは 無いのでは?

私も 幾多の挫折、哀惜を乗り越えてまいりました・・・

自分の好きな帯が、まったくもって、 に・あ・わ・な・い!


幸いにも? 店のパンダ嬢と私は、似合うものが正反対!

私は柄としては、個性的なキツいのが好きなのですが、全然似合わない・・・というよりそぐわない・・・

悔し紛れにパンダの帯を 時々当ててみるのですが、さっぱりわや!

やっぱり私の帯が落ち着く・・・


画像の三橋工房さんの江戸型染めにしても、右がパンダ嬢、左が私

洛風林さんの袋帯にしても、ドラゴン ガオ~を私が当ててみたら、「祇園祭の鉾ですか?」って感じ・・・

森の精をパンダが当ててみたら、「自画像ですか?」って感じなのに、さみしい雰囲気の帯になってしまうのです。


だから楽しい 帯選び!!  プロフェッショナルの意見を聞いてみるのも いいと思いますよ~

あっ! プロフェッショナルって、カッコつけて書きましたが、私たちのことね~~

ぜひ ご相談くださいませ。





夏着物の下着事情の現状報告!

 暑中お見舞い申し上げます!

本当に毎日「暑い!」としか口をついて出ませんが、

祇園祭もたくさんの着物や浴衣の方をお見かけして、

ニコニコして過ごしておりました。


ところで夏着物は大方スケスケです。

そうなので、下着はおろそかにはできませぬ。

私も毎年 あ~だこ~だ 色々と試しておりますが、

本日は今年の現状報告を・・・

去年まで愛してやまなかったアシベの汗取り肌着は、

冬は暖かくて大活躍なのですが、

夏はやっぱり暑い・・・。 絞れるほど汗をかいてしまうのです。


それで今年は上は薄手のタンクトップかキャミソール、

下は麻のステテコで決まりです。


お襦袢は今日着ている夏大島や夏塩沢の時は麻

絽の着物の時は洗える絹の襦袢・・・

寄り添い感が大事ですね!










穿いてみました! 袴ちゃん!!

 DSCF8918.JPG

DSCF8919.JPG


パクチーが好きすぎて、家で育て始めたもりたでっす!

先日 ジコジコ縫っておりました 「目指せ!着物でもアクティブ!袴」(仮称)を穿いて見ましたが、

いかがでしょうか?

足首太過ぎによるツッパリ感とか、紐の長さの調節とか、本当にこの穿き方でエエんやろうか?という不安・・・まで、

イロイロ 改良点が見つかりました。

前にどっしり溜まった着物やお襦袢の行方も、気になるところです。


良きアドバイスをいただければ幸いです!


と書いていましたら、お隣の「室町の加納」さんの会長さんから、

21日から26日まで、高島屋京都店で開催されております「日本伝統工芸近畿展」のご招待券をいただきました。

もし行こうと思われていた方は、店に置いてございますので、どうぞ!

お久しぶりの伊勢木綿と風呂敷帯

 DSCF8914.JPG

DSCF8915.JPG


DSCF8916.JPG


今日はちおん舎さんでの、書道のお稽古でした~。

墨が飛んでもいけないし・・・と今まで洋服で行っていたのですが、

やっぱり着物で行かんと!と、久々に伊勢木綿を着てみました。


二部式帯は実家の蔵から出土?した、古い藍の大風呂敷だったものです。

風呂敷になる前は、たぶん布団側だったようで、いい感じに朽ちていました。

キレイなところをお太鼓や胴の表に出して、藍色の伊勢木綿との相性もぴったりでした。


書道のお稽古も、着物ですると、背筋もシャンとして、いつもよりいい字が書けたような気がします。

袴 完成!!!!!  トホホ・・・

 DSCF8879.JPG


日曜日に1日中 家にこもって ジコジコ 袴を縫っておりました。

が~~~ FACEBOOK でご覧頂いたように、マチを上下逆さまに付ける・・・

という暴挙をやらかしてしまい・・・一旦 ブチギレて(自分に)諦めたのですが、

ご飯をたんまり食べて 復活!!  

マチの生地をなぜか変えて、完成させました!!  rock


着物を着ていると、自転車で移動したり、掃除や梱包をしたりするのに

どうしても洋服のように動けないのを、なんとかせねば!と思いまして・・・

でも もんぺでは何とも もっさりしているし・・・

色々な形を試行錯誤して、カッコええのを作ろうと思っております!


悩みの半衿

 
 これから 「きもの試行錯誤」と題して、もりたが今まで あーだこーだ 試してみて

 これはオススメ!と思える物や、方法を 失敗談とともに、お知らせしようと思います。

 
 まず第1回目は 「落ち着く半衿の付け方」・・・


2012_03170001.JPG

半衿をシャキッと付けて、スッキリ襟元で一日中過ごしたい!

長年の私の悲願でありました。

悲願って大袈裟な・・・と言われそうですが、衿元が決まらないのは着姿が決まらないということです。

着姿が決まらないのは、着崩れもし易いし、なんせ落ち着かへんのです!

今までは なるべく簡単に・・・が一番だったので、安全ピンでぐさぐさと一気に付けて

衿芯を差し込んでいたのですが・・・何だか衿がぶ厚くなって落ち着かなかったのです。

丁寧に半衿を縫い付けて、衿芯を差し込んでも、肝心の首周りがビシッと決まらない・・・


今回 意を決して、まず 市販の衿芯をお襦袢に縫い付けて、その上から半衿を縫い付けてみました。

あ~~ら なんということでしょう! 衿が未だかつて無いほど、首にピッタリフィット!

いい状態が1日中続くようになりました。

私は「えり芯」という名前で売っているバイアスに切ってあるものを使っていますが、

ちょっと固めの帯芯を半分に切って使ってもいいと思います。

帯芯は4メートルほどあるので、いっぱい出来ますねぇ~。


今まで散々「衿なんて安全ピンで ちょちょいと付ければいいのだ!」と叫んできた私ですが、

・・・まあ 夏に日本手ぬぐいとかを半衿代わりにするときは安全ピンでもいいけれど、・・・

ちゃんとした着物の時は、ちょっと最初の一手間で、1日中気持ちよく過ごせる「衿芯縫い付け」方式を

お勧めいたします!




ページ上へ