• HOME
  • もりたメモ



伊勢木綿LOVe

  • 2015.03.12(木)
 

IMG_1903.jpg

伊勢木綿は臼井さんというおじさんが、織っておられます。

10年以上前、わたしがまだsou・souで ウロウロしていた時に紹介していただきました。

初めのうちは津にある工場に行って、糸部屋に1日中こもって、風邪をひいたり、

あちこち食べ歩きに連れて行ってもらったのですが、

私たち 同い年・・・この頃は「反物 うちの好きそうなの送って~」「よっしゃ~~」

阿吽の呼吸 というのでしょうか?

ますます進化した、モダンな色と柄を 送ってもらえます。

お互い 若くはないので、無理は禁物ですが、ハイカラな素敵な反物が送られてくると、

『まだまだ負けてられへんでぇ~』と、ファイトが沸いてきます。


今月は 「伊勢木綿 LOVE!」

もうすぐ発売の雑誌にも 伊勢木綿を着て私が登場致します。

気軽に着られて、お手入れも簡単、お値段もリーズナブル!

言うことなしの「伊勢木綿」を、ぜひ !!



そうだ京都、 行こう

 IMG_8552.jpg


京都では放映されていないのですが 今年のJR東海 「そうだ京都いこう」の桜のCM、

youtubeで見て、我が家の本当に近くの哲学の道が映し出されていて、びっくり・・・

桜はきれいなんですが、CMのように満開の時は、人人人で、すごいんですよ~


これから 一応 桜情報も載せますね。

今は まだ 蕾 硬し カチコチです。


三月になったら、また 大文字登山 時々 しようかな?と思っております。


小学校(今はマンガミュウジアムになっています)の時は いのしし狩り と称して、

山の下に一列に並んで、「わぁ~~」と言いながら登って行ってイノシシ?たぬき?を追い詰める・・・

という行事があったんですよ。

まぁ イノシシもたぬきも 捕まったことはなかったんですけどね。

山頂で豚汁をいただくのですが、「たぬきのお肉が入ってんねんで~」と毎年先生に嘘つかれて

そんなわけないのに ドキドキしながら みんなでワイワイいただいたことを 思い出します。


まだまだ京都の春は遠いようです。

心躍る帯=洛風林の帯

 
 「着物が日常着」だった時代から、
 
  あっという間に 「着物を着ていたら目立ってしまう時代」 になりましたね。
 
 
  私は 昔を懐かしむタイプではないので、『着物の人が前のように増えたらいいのに・・・』
 
  なんて これっぽっちも思っていませんが、
 
  こんなに楽しいのに 着いひんなんて、ア~~もったいない!
 
  とは、思っています。
 
 
  そして どうせ着るなら、着ている本人も、周りの人たちも、
 
  「あ~ すてき!」 「見てたら ワクワクする!」 
 
  そして「 私も着てみたい!」 と思っていただけたら・・・
 
 
  洛風林さんの帯は、ワクワクする 「心躍る帯」 です。
 
  行ったこともない異国の柱や、水差しを覗いて見える底の柄・・・
 
  洛風林さんの色使いで 見事に 今の町並みに合う帯によみがえります。
 
 
  20日・22日・23日  3日間限りです。
 
  ぜひ お出かけくださいませ。
 
  
 
  IMG_1600.jpg

趣味DO楽 裏話

 こんにちは! 20日の「趣味DO楽」ご覧になっていただけましたか?

あまりにも 秒殺の出演時間だったので、ちょいといろいろ付け足しを・・・


撮影は11月某日 丸1日かかったんですよ。

オープニングでは川上さんと紅葉の見所のお話をしていたんです。

私が着ていた着物は、薄いベージュ地に藍色の大きめの絣が飛んでいる志乎路紬です。

絣=野暮ったい と思い込んでいた私の固定観念をぶち破ってくれた、モダンささえ漂う紬です。

帯は江戸更紗の逸品・・・いずれも2年前に亡くなった母の形見です。

ちょうど命日の数日前 優しかった母に抱かれているような暖かい気持ちでの撮影でした。


川上麻衣子さんに着ていただいた紬や帯はいずれも私の私物です。

着物は2枚とも みさやま紬です。

草木染めのほんわかした色が川上さんにぴったりだったと思います。

オレンジ系のカジュアルな格子には洛風林さんの大きいお花の帯を合わせました。

梅染の無地の紬には、ちょっと改まり感を出して、でもあくまで紬なので堅苦しくない幾何学模様の袋帯を
合わせました。

いずれも、さすが女優さん! とても素敵に着こなしていただきました。


昆布さんがおばさまに貰われた素敵な結城紬に、染の帯と織りの帯を合わせた場面が、

見事にカットされていたのは、びっくりですが、それはまた改めてご紹介いたしますね。

明日のお知らせと、NHKカルチャーのお誘い

  • 2015.01.19(月)
 寒中お見舞い申し上げます!


お元気で新年をお迎えになられましたでしょうか?

もりたは元旦に平安神宮にお参りに行って、雪に降られ?

なかなか キ~~ンとした、霊験あらたかな年のはじめでございました。


ところで明日の午後9時半から、Eテレ「趣味DO楽」にちょこっとだけ出演致します!

本当にちょこっとだけなので、まばたきしてたら 終わっちゃうよ~~。

というお知らせです。


もうひとつは、3月1日(日曜日) NHK京都文化センターで、「伊勢木綿で作る二部式帯」のお誘いです。

絶賛 受付中ですので お申し込みはお早めに!!



おかげさまで10周年! ささやきセール開催中!!

 
なんだかんだと10周年!

もりたも還暦を越え、あちこち痛い痛いとわめくも、

パンダに「気のせいや」と一笑に付され、そうかなぁ~と思いながら、

ますます 着物が楽しくなっております 今日この頃・・・


10周年だ!お江戸へ行こう! とそればっかり考えていて、

おかげさまで 東京デビュー?は楽しく無事に終わったのですが、

「京都で何もせえへんの?」 という声がアチコチから聞こえて・・・

ハッ!と気付いたわけで、


「今までありがとうございました。これからもよろしく!」 の意味を込めまして、

ささやきセールを、地味に開催中でございます。


普段 絶対に、ぜ~~~ったいにお安くならない紬とか、帯を、

大きな声では言わないけれど、「いいなぁ~欲しいなぁ~」とつぶやいていただきましたら、

「おかげさまで10周年なので、気持ちだけお勉強させていただきます」とささやかせていただいております。


メールでも もちろん 承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ!




20日から「楽々着物生活展」始まりま~す!

 トネリコさん 001.jpg

002.jpg

  大阪のギャラリー 「トネリコ」さんで、二部式帯展をさせていただきます!

 オーナーの福田由美子さんは、川島テキスタイルスクールでの

 二部式帯のワークショップの生徒さんだったご縁で、

 去年オープンされたギャラリー・カフェに、お呼びいただきました。

 
 「着物着たいけど、帯が面倒で・・・」とか、

 「昔の派手な羽織 もらったけど、 丈も短いし、柄も派手だし・・・」とか、

 「素敵な布があるんだけど、何に使ったらいいのかな?・・・」とか、

 二部式帯にすれば、解決できますよ~~~のご提案です!


 何でもかんでも切れば良い!といっているわけではありません。

 でも 着物は着てこそ・・・帯は締めてこそ・・・

 タンスに眠らせておくよりも、「あ・な・た」が着て、締めて、外に出かけましょう!


 年を取っても、いきいきとしていられること=おしゃれを楽しむこと  ではないでしょうか?

 
 ぜひぜひ お出かけくださいませ!

 

 

9月は歌舞伎に狂言・・・楽しみました~

 
 こんにちは!

 10月になりましたね!

 10月は omoの店 10周年!!

 京都を飛び出して、東京に参ります!

 アクティブもりたでおます。


 その前に遊んでおこう?と、9月は歌舞伎と狂言を楽しみました。

 歌舞伎は南座の海老蔵はん 造形大学 春秋座の猿之助さん、中車さん。

 狂言は寺町通の下御霊神社の茂山ご一家

 なかなか濃いラインナップでした。

 
 もちろん 全部着物で参りました。

 南座は9月のはじめで暑かったのですが、透ける着物は何だか抵抗があって、

 夏大島に越後上布の帯で行きました。

 
 春秋座は雨が降りそうだったし、大学の構内?にあるので、ラフに黒白格子の着物に

 デニム素材の二部式帯にじゃがいもを半分に切ってペンキでペタペタ芋版を押した二部式帯で・・・

 
 狂言は神社の中の能舞台だったので、蚊取り線香の匂いが満載の屋外でした。

 つるっとした単のお召に、関美保子嬢の型染め帯で楽しみました。


 伝統的な歌舞伎や狂言も 場所によって、適材適所! 

 いろいろな楽しみ方が出来るのが、着物の面白さ ですよね!


 さてさて10月も楽しいことが、いっぱいありそうです!


 とにかく 24日・25日・26日は 代官山のヒルサイドテラス E棟ロビーへ!

 
 
 

 

 


 

十人十色! だから楽しい帯選び

 DSCF9378.JPG


DSCF9379.JPG


自分に合った帯選び・・・こんなに楽しくて、狂おしくて、面白いことは 無いのでは?

私も 幾多の挫折、哀惜を乗り越えてまいりました・・・

自分の好きな帯が、まったくもって、 に・あ・わ・な・い!


幸いにも? 店のパンダ嬢と私は、似合うものが正反対!

私は柄としては、個性的なキツいのが好きなのですが、全然似合わない・・・というよりそぐわない・・・

悔し紛れにパンダの帯を 時々当ててみるのですが、さっぱりわや!

やっぱり私の帯が落ち着く・・・


画像の三橋工房さんの江戸型染めにしても、右がパンダ嬢、左が私

洛風林さんの袋帯にしても、ドラゴン ガオ~を私が当ててみたら、「祇園祭の鉾ですか?」って感じ・・・

森の精をパンダが当ててみたら、「自画像ですか?」って感じなのに、さみしい雰囲気の帯になってしまうのです。


だから楽しい 帯選び!!  プロフェッショナルの意見を聞いてみるのも いいと思いますよ~

あっ! プロフェッショナルって、カッコつけて書きましたが、私たちのことね~~

ぜひ ご相談くださいませ。





迷子のアンティーク アクセサリー 

 DSCF9315.JPG

鹿ヶ谷通の素敵な白い洋館にある 喫茶「迷子」さん

omoが休みの日には 私も古本を探しながら、主の山本さんとおしゃべり三昧・・・

古時計の鳩さんが ポッポポッポと、時を妙に正確に教えてくれるので、

重い腰を上げることが しばしばです。


アクセサリーはアンティークが、なんとも味わい深くて、素敵です。

お洋服のアクセントにもよし、帯留めがわりにもよし、

お値段も お財布に優しくてよし!!


ぜひ お問合せくださいませ!


メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ