• HOME
  • もりたメモ



お多福さん

 2011_10170004.JPG

今月のお多福さんです。

omoの店は もりたの実家の軒先を借りて営業しておりまして、

京都特有の奥の深~~~いどんつきの蔵に、祖父がコレクションしていたお多福さんが
ほこりをかぶって、じ~としたはるので、虫干し?代わりに店に飾っております。

陶器のものや、木製のもの、カラフルな色や、真っ黒なもの、色々ありますので、
また、ご覧になっていただきますね!

今月のお多福さんは、両肩を脱いで、かなりエロいです。

でも着物を着ていなければ、お相撲さんと間違えそうですが・・・

えくぼがかわいいお多福さんに、ぜひ会いに来て下さいませ。


10月は7周年記念!ななななセールをいたしております。

セールをしないomoとしては、画期的!なことでして、

お値段も、もりた 青ざめるほど、お得ですよ~~








新日本髪展

 111007_170108.jpg

もう始まっておりますが、京都の町に新日本髪を!と言う催しが開かれております。

8日(土)~10日(月) 14:00~15:00 には山口茉衣ちゃん(写真)による新日本髪結い上げデモンストレーションが

ございます。

ぜひ お出かけくださいね!

場所:ギャラリーKURA  四条通御幸町西入る SHIPSの2階奥

会期;10月6日(木)~12日(水) 11:00~20:00(最終日は19;00まで)

猿之助さん

 
 いやぁ~泣きました・・・

 「すみからすみまで、ずずずい~~と・・・」 回らぬ舌で猿之助さんが口上を言われたときは・・・

 団子と言うお名前のときからの、ファンだったので・・・


 いわゆる正統派の歌舞伎も好きですが、わかりやすい言葉で展開も速いスーパー歌舞伎も大好きでした。

 
 着物の世界にも通じることだと思いますが、異端があるから正統が正統と理解できるのではないでしょうか?

 いろんな選択肢があって、あーだこーだ、好きだ嫌いだって言えるということは、

 まだ勢いがあるということですよね・・・

 
 亀冶郎さんが猿之助に、香川照之さんが市川中車に、息子さんが団子に・・・

 大変でしょうが、堅いこと言わんと、いっぱいお芝居やってほしいですよね!

 
 それに連れて、お芝居によって着る着物も変えて楽しむ・・・

 きゃぁ~~ そうなってほしいです~!!


 いわゆるもうひとつの選択肢・・・二部式帯のワークショップ・・・ 川島テキスタイルスクール・・・

 まだ定員に余裕があります。

 ぜひぜひ ご参加くださいませ!!

 日時 10月9日(日)・10日(祝) です。

 くわしくは www.kawashima-textile-school.jp

          電話 075-741-3151 

 川島テキスタイルスクールまで!

 

二部式帯 毛嫌いしないで下さいまし

 2011_09190008.JPG

 「二部式帯を作っています」と言うと、「帯を切るなんて!」とか「帯がかわいそう!」と

 よく言われます。  

 わざわざ切ってないんですけどねぇ~。

 
 もちろん機にかけて織られた帯・・・すてきです。

 丁寧に手描きされた帯・・・すてきです。


 その他に 好きな布がちょこっとあるんだけど、

 それを生かして主人公にする方法のひとつとして、

 二部式帯もあってもいいのになぁ~と思います。


  たとえばこの黒白の生地は新井淳一さんのニット素材のものです。

 布好きなら判っていただけると思いますが、好きな布はとことん生かしてやりたい!

 そこで楽しい布あわせが始まるのです・・・。

 テイストとか質感をどう合わせるか! 神経使いますが至福の時間です。

 二部式だからお太鼓や帯の前柄の場所が判りやすくて、いろいろ遊べるのです。

 ニット素材が伸びないように、裏はしっかりした生地を使ったり、

 お太鼓 まっすぐのつもりがちょっと斜めになって面白くなったり、

 楽しい帯の出来上がりです。

 
 こういう帯もちょっと仲間にいても、楽しいですよ!

 

 

 

 

 

お久しぶりの伊勢木綿

 2011_09170001.JPG2011_09170002.JPG

 もう4年ほど前になるでしょうか?NHKの「おしゃれ工房」に出させていただいたときのコーディネートを

 久しぶりに着てみました。

 着物は伊勢木綿臼井さん渾身!!の藍染の縞・・・とてもいい感じの配分で、ぼかしたように見える素敵な縞です。

 帯は10年くらい前に吉祥寺で買ったアリタマサフミさんのテキスタイルを使った二部式帯です。

 
 4年前の洋服???というと、もう思い出せませんが、

 4才 歳をとったとはいえ、若干太ったとはいえ、

 着物はちっとも色あせることなく、出番を待っていてくれました。

 私が思っていることだけかもしれませんが、

 色あせることなく、古臭くもなく、50代後半のおばさんを引き立てて?くれています。

 着物の持っている、「底力」 でしょうか?

 60代になっても、このコーディネート・・・ 着ていると思います。
 

 



 

加納さんの大島紬

 2011_09090008.JPG

 omoの北隣にある室町の加納さんの大島紬はそんじょそこいらではお目にかかれる大島ではございません!
 
 と大きい声で言いたい私!!

 一目見てしまうと、目をそらすことができない・・・困った困った・・・と言いながら気がつけばジィ~~~ッと見てる・・・

 「魅せられる」 ということはこういうことを言うんですね。

 着物の持っている魔力・・・とでもいうのでしょうか?

 着ている自分を思わず想像させてしまうと言うのも、魔力の一つですよね。

 ぜひ 実物をご覧になりにいらしてくださいませ。

 

川島テキスタイルスクール ワークショップ

 
 10月9日(日)・10月10日(月)   10:00~16:00

   またまた 川島テキスタイルスクールでワークショップをいたします!

 テーマは 二部式帯で楽しむ「和の装い」

 
 川島織物さんのテキスタイルで、簡単に締められる「二部式帯」を

 作りましょう!

 1日目の午後は お好きな色にご自分で帯揚げを染める教室も

 ございます。


 毎回 楽しい着物談義に花を咲かせながら、楽しい時間があっという間に
 
 過ぎてゆきます。

 寮やお食事の設備も整っていますので、毎回遠くから泊り込みで

 ご参加くださいます。

 詳しいことは・・・

 www.kawashima-textile-school.jp

 
 緑いっぱいのスクールで、素敵な帯をご一緒に作りませんか?

 

芝崎さんの紬

 2011_08260009.JPG

人気の高い紬作家の芝崎重一さんの息子さん圭一さんの紬をご紹介いたします。

毎回 争奪戦が繰り広げられるそうなんですが、omoは最初から戦線離脱・・・

はなからあきらめていたのですが、ひょんなことから一反ゲットすることができました。

今更ながらじっくり拝見したのですが、なんとも着易そうな、上品な光沢のあるすばらしい紬です。

栗で下染めをした後、藍で上染めをしてあるので、奥深い、引き込まれそうな色に織りあがっています。

もちろん手機です。

お若い方はごめんなさいね、円熟味を増した大人だから着こなせる逸品です。


石黒祐子さんの素敵な絣の帯と合わせてみました。


着物と帯をコーディネートすることは 案外難しく、

「合い生かす」か「合い殺す」が紙一重のような気がします。

この着物と帯は 合い生かし て ともに輝いて見えます。




9月の「もりたのコーディネート教室」をいたします!

9月3日(土) 2:00~  omoにて 

秋に向けての色あわせをご覧になっていただきたいと思います。

お手持ちのお着物をご持参されることも 歓迎いたします。

参加費無料です。

ご自由にご参加くださいませ。





 

第1回 もりたのコーディネート教室

  • 2011.08.09(火)
 
 6日は お暑い中 「第1回 もりたのコーディネート教室」 にご参加いただきありがとうございました。

 
 事前のお申し込みも無しに行いましたので、「誰もこられなかったら、パンダを相手に予行演習としよう・・・」

 と自分を慰めていたのですが、思いがけず何人もの方にご参加いただいて、

 張り切って いつものことながら しゃべりまくってしまいました。


 最後に来られた方が おばあさまからいただかれた着物や帯を

 たくさん持って来られたので、着物の素材や着ていける場所、合う帯のことまで

 具体的にお話出来たのが、ちょっとはお役に立てたようで、

 又 とてもわかりやすかったように思いました。


 次回は、着物と帯の組み合わせだけでなく、

 帯締めや帯揚げ・・・その他の小物使いの楽しみも

 実感していただこうと、今からアレコレ策を練っております。


 第2回目 もりたのコーディネート教室は・・・

 9月3日(土曜日) 2時から

 参加費 無料です。

                      
お気軽にご参加くださいませ!





 

 

もりたのコーディネート教室

 
 efishでの着物教室やNHKでの二部式帯教室で

 「着物 よく着られるんですか?」と質問すると、

 「着たいんですけど、何と何をあわせていいのかわからないんです」とか、

 「着たいんですけど、持っている着物がいつの時期に着ていいのかわからないんです」とか、

 「着たいんですけど、着物と帯の合わせ方が間違っている気がして怖くて・・・」とかをよく耳にして・・・
 
 
 「着たいのに着ない」人たちをなんとかせねば!!と

 もりた よろよろっと立ち上がりましたです!


 怖がらないで、堂々と着物を着られるように、

 本当はとても楽しい着物遊びを、ちょこっとでも味わっていただけるように・・・


 毎月1回 「コーディネート教室」を 地道に開いて行こうと思います。

 お申し込みも料金もいりませんので、お気軽にご参加くださいませ。

 
 お手持ちのお着物や帯をご持参でのご相談・・・ウエルカムでございます!


 
 第1回  8月6日(土) 2時~    omoにて


 


 
メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ