• HOME
  • もりたメモ



食わず嫌いの夏大島

 2013_05190001.JPG

        今日の京都は、じめじめ雨が降っております。

   寝坊してあわててお茶のお稽古に駆け込んだのですが、

   ドンだけ寝たらこんなもんが出来るネンというくらいの

   みみず腫れのような「寝癖?」がほっぺたに何本も付いて

   いまだに取れないもりたです。

   
   もうすぐ暑い夏!

  「夏は着物着ない!」と決め付けているあなた!!

  もりた 苦節10年以上の更年期の熱々状態と戦ってまいりました!

  もうあきらめた! 夏は暑い!! でも着物着る!!!

  この三段論法?で、やっぱり今年も夏着物 楽しみます。

  着物は気合です!

  
  夏大島・・・なんとなくジットリしてそうで、実は敬遠しておりました。

  でも実際に着てみたら・・・ヒヤッとしてさらっとして、気持ち良く着られますネン!

  何事も食わず嫌いはあきませんね。

  「夏は着物着ない!]と決め付けないで、ぜひ 今年はお楽しみくださいませ。

   

  

     

まだ間に合います!! 川島テキスタイルスクール

  • 2013.04.18(木)
 2012_09180003.JPG

「二部式帯で楽しむ・和の装い」 4月27日(土)・28日(日) 10:00ー16:00

欠員が出ましたので、ぎりぎりまでお申し込みOKですよ~~~


川島織物のテキスタイルを使って 「二部式帯」 を作りましょう!

お好きな色でご自分で帯揚げを染める!というお教室も付いてます!

2日間 たっぷりと時間がありますので、皆さん完成されます!


素敵な川島テキスタイルスクールで、ワイワイおしゃべりしながら、

二部式帯を作りませんか?


お問い合わせ 075(741)3151  川島テキスタイルスクール  まで・・・

          ksc@kawashima-textile-school.jp

春の一押し!もとこーでぃねーと

 2013_03280002.JPG

春ですねぇ~~~ 生まれ月のせいもあって、3月の芽吹きの頃が大好きです!

着物も軽やかに、帯つきでも大丈夫な日も増えてきて、楽しい毎日です。


このところ毎日のように着ている「芝崎さんの紬」

約80個の繭を、いっぺんに引いて作る座繰りの糸で織られているので、

張りがあって、艶があって、もう・・・いい感じなんですわぁ・・・

もりた おすすめの逸品です!


帯は 五十嵐 沙樹さんという若手の作家さんの作品です。

染めの帯はインパクトが大事!

お魚の柄なんて、充分・じゅうーぶん・すてきです!


緑の木々に とてもしっくり合う、おすすめのコーディネートです。



芝崎さんの紬 最高!!

 2013_03210003.JPG


2013_03210004.JPG

とうとう! 苦節何年?!! 我が物に致しました~~~  芝崎さんの紬!!

全国の 小売屋さん! すいません・・・私 着てしまいました!!

とにかく人気の紬なのです。

紬なのにとても光沢があって、しっかりしていて、しわになりにくくて、

ずっと座っていたので、後姿がしわになってますが、吊っておくとスッと戻っていますネン。

うれしくて 毎日帯を替えて着ております。

今日は栗繭の袋帯でございます。

色違いや縞もちょこっとご用意いたしております。

ぜひ!

西陣織大博覧会でトークショーをいたします!

 3月15日(金)~17日(日) みやこめっせ 1階 で 「西陣織大博覧会」が開催されます。

16日(土) 11:00~ もりたもとこ トークショーをいたします!!

ぜひぜひ ご参加くださいませ!!


 555206_438405702897277_328154469_n.jpg

雪の京都

 130118_104155.jpg

130118_1037571.jpg


寒いですねぇ~

京都も雪が降りました。


家の近所を撮ってまいりました。

法然院と安楽寺です。

実際行って見ると 全然違うのに、 

撮り方が下手で同じように見えてしまいますね・・・


町中のomoに着くと、雪どころか地面も乾いていて ビックリでした。

真冬の京都は、キーンとした静けさでとてもいいですよ。

ぜひ お出かけくださいませ。

うるさいおばちゃん宣言!

 
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

 いきなりですが、お正月のテレビを見ていて、何だかふつふつと湧き出てきたものが

 ありまして・・・今年は還暦にもなることですし・・・


  もりた うるさいおばちゃん宣言をいたします!                                                             

 今の時代に着物を着るということは、やっぱりスペシャルなことだと思います。

 洋服の方が楽だし、目立たないし、そんなに所作に気を使わなくていいし・・・

 着物を着るとなると、やっぱりた~~~いへんな感じは否めません。

 準備も大変、街では珍しいので目立つし、準備も前の晩から大騒ぎ・・・

 汚したらアカンし気を使うし、早う歩けへんし、袖とかじゃまやし・・・

 
 でも でも そんなに大変な目をしても、好きな着物を着るんやったら,

 ちゃんと着ましょ! と私は言いたい!!


  お正月番組を観ていて、何だか着物の着方がぞんざいになったと思ったのは私だけでしょうか?

 特に衿の合わせ方が 何か変??と思っていたら、男の人のような着方をしている方が多かったような・・・

 振袖を衿を詰めて着ている女子アナを見て、きちんとしているようで、だらしない印象を持ったのは私だけでしょうか?

 
 せっかくの着物・・・綺麗な着姿で着てこそ!! やと思うのですが・・・ブツブツ・・・

 
 

 

私は守ります!

 2012_12180001.JPG

sou・sou の若林君の「sou・souへの道」にやっと登場させてもらって、

そういえばあの頃は若かったなぁ~と懐かしく思い出しておりました。

実家の軒先?を借りて、「omo]を始めて、もう8年が過ぎました。

最初の頃は呉服業界が恐ろしく怖いものに思えて、

「私は ちょっと外枠でうろちょろしてよう~~っと!」と思っていました。

でも場所はなんてったって「呉服の町・室町」

ええもんがいっぱいあるじゃありませんか! いやでも目に飛び込んできますネンわ。

たくさんの着物や帯を見せてもろて、たくさんお求めいただいて、自分でもたくさん着て・・・

今 私は 昔から在る着物の形・着姿を 守りたい!と思っています。

新しい形はsou・souにお任せして・・・もちろんsou・souスタイルも大好きですよ!・・・

omoは、昔から続いてきたものを、伝えていきたいと思っています。

面白くなくなったとか、普通になったとか、イロイロ言われますが、

奇抜な格好をして 人目を引いたりするよりも、

着心地のいい着物を着て、街なかで居心地のいいことが、一番だと思っています。


画像はomoのお隣、紬ではトップクラスの「室町の加納」さんの大島紬 「菖蒲草」

石黒祐子さんの帯 「どこまでも」 

着る方の人間力が大いに発揮できるコーディネートだと思います。






茶道では 11月は大事な月です。

 なんて・・・先生からの聞きかじりなんですが・・・

 
「炉開き」 はお茶の世界にとっては 「お正月」 だそうで、

私も先日の炉開きには ちりめんの無地の着物におとなしい袋帯を締めて行きました。

朝早くから袋帯と格闘しましたが、なんとか上手に納まりました。

やっぱり柔らかもんの着物は、ストンとした落ち感があって、お茶の席には向いていますね。


あえて電気を点さずに、自然の光の中で、先生のお濃茶のお手前をうっとり眺めながら

至福の時を過ごしました。


今月は古田織部にちなんで、お道具に大好きな織部を使うそうで、

とても楽しみな11月のお稽古です。


普段のお稽古には 紬を着て行ったりもするのですが、

大切な節目の時には きちんとして行きたいと思う年頃になりました。



11月も17日(土)に、もりたの着物相談室をいたします。

お手持ちの着物にどんな帯を合わせたらいいのか?とか、

こんなときはどういう着物がふさわしいのか?とか、

なんでも相談にのりまっせ!

お申し込みは 電話 075(212)8676  または メールで・・・

お待ち申し上げております。

    

抱きつかれちゃいましたぁ~~

 
 先日 信号待ちをしていたら、見知らぬご婦人が 「ええわぁ~~ええわぁ~~」と

 道の真ん中でこちら方面を見て叫んでおられたので、周りをキョロキョロ・・・

 私しか いない!! 

 「着物 ええなぁ~~」と抱きつかれちゃいました。

 
 「私も着物が好きで3歳から着てるんよ~」

 「この頃京都やのにちっとも着物姿を見かけへん!」

 「あんた ちゃんと 着てるからええわぁ~ 着物はきちんと着んとあかんわ」

 周りにいたおばあちゃんを巻き込んで、ほめまくっていただきました!!

 
  おほめいただいたのは、とてもうれしかったのですが・・・

  京都の町に レンタル着物の人たちしか 歩いていなくって、 

  「さらっと普段に着てますネン!」 という人たちを 全然 お見かけしないようになってしまいました。

 
  「もっと地元民よ! たまには 着物を着ようではないか!」

  と、叫びたいです!

 
  角を曲がったら 着物の人に会いました・・・ そんな日常が来ないかなぁ~

  

 
 
メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ