これからきもの


二部式帯について 2

 二部式帯ってどんなふうに締めるの?
締め方を載せてみようと思います

モデルはもりたもとこさんです。

IMG_4008.jpg

前板をつけたこの状態からです

IMG_4009.jpg
背中側です 胴を巻き始めます。普通の名古屋と同じ二重に巻きます。
下側に紐が付いている仕立てになっております。

IMG_4010.jpg
巻き終わりが背中の真ん中あたりに来るようにします。

IMG_4011.jpg
紐を前で結びます

IMG_4012.jpg

結んだら帯の下から紐を入れて隠します。胴の部分は終わりです


IMG_4014.jpg

お太鼓部分です。帯揚げは帯枕にかけてゴムで留めておくと便利です

IMG_4015.jpg
枕を入れます

IMG_4016.jpg

お太鼓の一番下に入るように入れます

IMG_4027.jpg

枕とお太鼓の山をガシッと一緒に掴みます

IMG_4028.jpg

背中に回し、前かがみで載せます

IMG_4029.jpg

IMG_4030.jpg

前かがみのまま帯枕の紐の始末をします

IMG_4031.jpg

IMG_4032.jpg

同じように前かがみのまま帯揚げの始末をします。仮結びで大丈夫です

IMG_4033.jpg

帯締を通します 前かがみです

IMG_4034.jpg

キュッ

IMG_4035.jpg

帯揚げをきれいに始末して出来上がりです。

IMG_4036.jpg

いかがでしょうか

二部式帯について

 二部式帯ってなに?そんな邪道やだみたいな方もおられるかと思いまして、
改めて二部式帯の説明をさせていただこうと思います。

二部式帯とは文化帯や作り帯など呼び名も様々で、
簡単に言えば胴に巻く部分とお太鼓部分がはなれている帯です。

omoで作っている二部式帯はもりたの特許とかではなく、
スタンダードなお太鼓の帯になります。
昔は自分でお太鼓の大きさを作れる様なものにしていたのですが、
いざ締める時になって混乱される方が多かったので、最初からお太鼓の形にしてあります。

着物が日常着だった頃にサッと装着できるよう考えられたものですので、
邪道とかではなく上手に使い分けていただけたらもっと着物が着やすくなるのではないかなぁと思っております。

昔の方も普段遣いの帯を二部式にされていました。

omoも肩肘を張らなくて良い帯として、素敵なテキスタイルで二部式帯を作って
皆様に普段も楽しんでいただきたいと思っております。

omoはもちろん二部式でない素敵な名古屋帯も取り揃えております。
ですが、素材であったり、作家さんの手作りの作品であったりお値段は二部式帯とはだいぶ違いますが
ぼったくりとかではなく量産のテキスタイルを使ったものとの差なのです。

IMG_4014.jpg

入口のキモノ

 IMG_3912.jpg

入門としては~なんていいますが、いただいた着物やおうちにある着物から
どんどん着てみたら良いと思います。
自分がどんなシーンで着物を着たいのか?
というのがはっきりしていると選ぶときもお店で唸らなくてよいかと。

たとえばお家で着物の生活をしてみたい!という方が絹物はとりあえずいらないと思います
木綿やポリエステルなど、ご自宅で扱いやすくお手入れもできるものがいいですよね。

観劇したりホテルでお食事などのよそゆきとして着たい方

お茶などのお稽古に着たい方

いろいろあると思います。

あまり欲張らず、自分が一番着たい、着るシーンで考えてみてはいかがでしょうか?

そんなご相談も承りますのでお気軽にご相談ください。

omoは洒落着、普段着の着物を扱っております(^O^)

なんにもないけど浴衣を着る

 IMG_3837.jpg

先日、お客様から「なんにもないけど浴衣着てるんです。今日お祭りあるの?ってヒソヒソされるけど。」
と聞きました。
その行動力素晴らしい!すごく嬉しくなりました。

着物が日常から遠く離れてしまったので、どうしても何か理由をみつけないと着にくい、
というのも事実です。
完璧にしてから着たい かっこよくしてから着たい そういう気持ちもすごくわかります。

しかし、そう思うとどんどん着れないし心のハードルもどんどん高くなっていくような。

いろいろ細かいことは置いておいてとりあえず着てみる!というのは
着物に馴染むのに結局一番早いんですよね。

細かいことが気になったらどんどん相談してください。
どんどん着るのを応援しますヽ(´▽`)/

九月の着こなしの参考に

 着物 単衣(染もの・織)
    絽ちりめん

長襦袢 絽・紗

帯 絽 絽つづれ 紗 紗献上 紗つむぎ 生紬 麻 絽塩瀬 絽ちりめん


半衿 絽ちりめん 絽塩瀬

帯揚げ 絽ちりめん 絽 紗

小物の素材で悩んだときなどの参考にしてみてください(´▽`)


帯留について

 DSCF8958.JPG

本日は帯留についてご紹介したいと思います。

こちらの写真の帯の真ん中についているのが帯留です。
裏に紐を通す穴や金具がついています
主には三分紐という細い帯締が帯留用の紐になります。

三分紐は帯締として前で結ばないので、普通の帯締より短いものが主流です。

写真は浴衣の帯にしていますが、本来は不要なものです。
あくまでお洒落を楽しむアイテムです、ですのでフォーマルな着物にはしないものです。

お手軽に楽しめるものから工芸品まで色々なものがあります。

季節を表現できたり、縁起を担いだり色々な楽しみ方があります。

2012_06140012.JPG

こちらの鯨の帯留は見ただけで夏!って感じがしますよね

2012_06140010.JPG

鮹と蛸壺ですwこんな帯留もあります。

other_0001_01.jpg

こちらは縁起物末広がりで扇。

こんな小さなものですが、その人の好みや人となりも垣間見えるようでとても楽しいです♫

12120125_keisai.jpg

こちらは象牙でできた九尾の狐さんです。
裏も凝っていて鳥居の形が彫り込まれています。

DSCF8959.JPG

こちらは金蒔絵の帯留 かたつむりです。
梅雨前から付け始めると見てくれた方にもうすぐ梅雨なんだな~と季節のお知らせにもなりますね

いつもの浴衣姿にちょこっと付け加えるだけでとても楽しくなりますよー

ぜひ加えてみてください♪



木綿の着物

 DSCF8694.JPG

お手頃な値段で自宅で洗濯もできるという事で入口として人気な木綿の着物です。
omoでは伊勢木綿さんの反物を置かせていただいております

どんなものなのか簡単にご紹介致します。


木綿の謳い文句としてはオールシーズンいける とか 洗えるとかいう説明を
少しは耳にした方もおられるのではないでしょうか。

確かに夏も浴衣は綿なのでオールシーズンだといえばそうなのですが、
春夏秋冬同じ調子で洋服を着られる方がいないのと同じで、
やはり色柄で秋冬向き 春先向きとあります。
夏は綿麻のものが向きますね

基本的には袷の時期でも単衣仕立てなので、よく寒くないですか?と聞かれます。
寒いです。。。 そのまま着てるとヽ(;▽;)ノ
ですが今はヒートテックや色々とインナーに薄くて重ねやすいものがでていますので、
そのへんで工夫していただくと冬でもバンバン着れちゃう着物です。
袷仕立てにされる所もあるそうです。

普段着ですので、お友達とカフェへなんかはどんどん着て行って下さい。
家事を着物でしてみたい方にもオススメです。(お料理やお掃除など)
あと焼肉屋さんなどちょっと匂いや油がついちゃっても洗えるので着ていくにはいいですよね


それから洗えることは気軽に着る一つの大きなテーマかもしれませんが、
日常に頻繁に着る方以外は気にしなくても良い気がします。
頻繁に洗えばTシャツなどもそうですが、色落ち、毛羽立ちもおこります。

絹と違い、座りシワなどはキレイにアイロンをあててあげないと戻らないので、
お出かけに着ていくには恥ずかしいシワシワ着物のままです。

色柄などで絹よりはバリエーションも少ないですし、
発色も負けちゃうところです。

あとは日常着ですので、フォーマルな場へ着ていくには向かないです。

お値段が安くて特に用事がなくとも気軽に着れる ここは素晴らしいセールスポイントです!
工夫次第でとても楽しく着られます♪

木綿の良い点悪い点書きましたが、
どんなシーンで着物を楽しみたいか具体的に描いてみると
色々迷わなくて良いのかな?と思います。

洋服も同じですがどんなシーンでもこれ一枚で賄いたい、、、というのは難しいです( ⊙‿⊙)








これからきもの 和装ブラ

 これから着物が着てみたいと思っている方に
少しでも参考になればとぽそぽそ更新していきたいと思います。

まず何がいるか ですよね

それは今本屋さんで売っている着物の本に親切に書いてあるので
同じ情報はいらないかとおもいます。

いくらかかるのか これも正直まちまちですよね(´_ゝ`)

なので、少しずつ小物のお話から載せようかと思います。

いろいろな情報があると思いますので、宜しければ参考にしてみてください。

着物は平面なものですので、なるべく凸凹は無いほうが綺麗に着崩れせずに着られます。
洋装用のブラジャーの進化は凄まじく、
いまや着用するだけで寄せ・上げ・何割かアップは当たり前です。
できれば襟元がはだけない様にブラジャーはしないほうがおススメです。

夏の浴衣のお嬢様方の胸元が危ないのはブラのせいもあるかと。

ですが胸の豊かな方はおさえないと帯の上にのっちゃって流れちゃって
≪おっかさん≫状態になるのも避けたいですよね。
おさえた方がスッキリ若々しくみえますし、、、

しかし、わざわざふんわりした和装用のブラジャーを買うのも躊躇われます(安くないし)
ホールド力のある和装ブラジャーはポリエステルが中生地に使ってあって、
ぱんだは肌が痒くなるので辛いです。


そこで胸の豊かな方に最近のおススメは洋装の時にも使えるキャミソールなのですが、
シルク素材でストレッチが効いていてとてもおススメ!!

http://5hon-yubi.net/shopdetail/039000000001/012/Y/page1/recommend/

※アフェリエイトではありませんのでご安心を

シルクふぁみりぃさんのシルクキャミです。

着物を着ない時はインナーとして着ています。

私は一枚ではホールド力が足らぬと感じるので二枚重ねしております。

http://5hon-yubi.net/shopdetail/027000000003/012/Y/page1/recommend/

こちらの3分袖のインナーと重ねて肌着代わりにするのもいいですね

これだと和装用だけじゃなく無駄がないかなと おススメしてみました。

ぱんだは洗い替えの時二枚重ねられない場合は、
昔に買ったホールド力の高い(値段も高かった・・・)化繊の和装ブラをキャミの上からしています。
勿体無いので(´_ゝ`)


見た目はちょっと格好悪いですが、肌荒れしないし肌着で歩かないのでいいかなと。


これからもこんな感じで書かせていただこうかと思っていまーすchick
いかがでしょうか
メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ