• HOME
  • omoのあれこれ



福寿の帯

 手刺繍の福寿の帯できました。
福寿と富 めでたいあやかりたい
前柄はすっきり縞だけです。

¥23,000

お気軽にお問い合わせくださいませ。

R0011671_edited.jpg

R0011672_edited.jpg

R0011673_edited.jpg

士乎路紬展

 素敵な反物がたくさん揃っております。

R0011652_edited.jpg

R0011653_edited.jpg

R0011654_edited.jpg

R0011655_edited.jpg

R0011656_edited.jpg

R0011657_edited.jpg

R0011659_edited.jpg

R0011660_edited.jpg

R0011661_edited.jpg

R0011662_edited.jpg

R0011663_edited.jpg

9月11日から士乎路紬展です

 R0011626.JPG

R0011627.JPG

R0011629.JPG

R0011630.JPG

きものサロンでも特集されました士乎路紬

今月の11日からomoで士乎路紬展を催します。

士乎路紬の特徴
能登半島は別名“志乎路(しおじ)”と呼ばれます。
この能登半島の入り口、羽咋(はくい)の近くで、故水島繁三郎氏によって生み出された士乎路紬は、昔ながらの技法に、工夫を加えて創作された新しい紬です。
水島氏は長年、草木染めの研究を続けていましたが、紬には結城紬の風合いと泥大島の色合いがすばらしいと確信を持ち、この二つの紬のすぐれた部分を併せ持つ作品を作り上げました。
士乎路紬は、生地に弾力性があり、着はじめからしなやかで肌によくなじみ、洗えば洗うほど風合いはさらによくなり、光沢もますます冴えを見せてくるという、大きな魅力を持つ手作りの紬です。
       
ぜひお出かけください。

今日のぱんだ 8/27

 IMG_4505.jpg

今日のぱんだです

綿麻の着物ですが、色目は秋っぽいものに。
半幅帯は関美穂子さんの半幅帯です。
帯留は泉水さんの兎弁財天さん

今日のもとこさん8/25 

 
今日のもとこさんです。

暑さが戻ってきた京都です
夏塩澤の蚊絣の着物に麻の二部式帯。

R0011624.JPG

R0011625.JPG

きものsalon 2017-18秋冬号

 知りたい着たい士乎路紬のページに出させていただきました。
170819_km_01.jpg

R0011621.JPG

R0011622.JPG

とても丁寧に取材されております。
士乎路紬はとても着やすいのでお勧め
なぜお勧めなのかがわかる特集です、
是非お手元に

もとコーディネート

 もとこさんがコーディネートしたセットをお勧めする
もとコーディネートです。

伊勢木綿着物
裄68㎝
身丈162㎝
前幅25㎝
後幅30㎝

半襟は古布のハギレを使っております。

古布半襟付き伊勢木綿仕立上りセット
¥35,000
※こちらは売り切れました


ウィリアムモリス二部式帯¥58,000


R0011616.JPG

R0011617.JPG

R0011618.JPG

着物だけ 二部式帯だけ でもご注文いただけます。

宜しくお願いいたします

お盆休みのお知らせ

 誠に勝手ながら

8月11日㈮から8月16日㈬まで
お盆休みとさせていただきます。

17日からは通常営業です。

宜しくお願いいたします。

R0011291.JPG

浴衣地のアッパッパ

 R0011491.JPG

ぱんだも外から帰って汗だくの服を脱いでこれに着替えます
可愛くて楽ちんです。
一枚出来上がりました¥3000-
お気軽にお問い合わせくださいませ。(*´▽`*)

今日のぱんだ 

 幻の今日のぱんだです

三橋工房さんの綿紅梅の夏着物を浴衣風に着てみました。
半幅帯も三橋さんのものです。

帯留は先月展示させていただいた花影抄さんの泉水さんの兎弁財天

IMG_4316.jpg

IMG_4319.jpg

IMG_3937.JPG
メニュー
omo

〒604-0021
京都市中京区室町通
押小路上ル蛸薬師町286番地

075-212-8676

11:00~19:00まで

水曜日

ページ上へ